<<<<  前のページへ  ||  [目次へ行く]  ||  次のページへ  >>>> 
~ POLSKA - Oświęcim, Wieliczka~

■ オシフィエンチム - 世界遺産:アウシュヴィッツ強制収容所 ■
AuschwitzIとAuschwitzII

ドイツ語のアウシュヴィッツ をポーランド語でオシフィエンチムという。そこに行く手段として2種類あり、私はKrakowから行きは列車、帰りはバスで往復した。列車だと駅からさらにバスかTaxiに乗って目的地に行かなくてはならなく、また、どのバスを乗っていけばたどり着くかという表記も特になかったので、目的地の敷地内で下車できる直通バスに乗るほうがよい。そのバス乗り場はKrakowGlowny駅の東隣にあるバスターミナルにある。1日に5,6本しかないので予めTimeScheduleをCheckしておくと良い。読者もご存知の通り有名な場所なので、細かい説明は除くとして2点だけ語っておこう。1つ目は、間違いなくデート旅行や新婚旅行でくるべき場所ではなくて、真剣に人類の歴史について考えるためのズッシリくる場所であると思った。二つ目はアウシュヴィッツ2にフリーのバスシャトルが30分おきに発車している。そこに行ってみると、恐ろしいほど広大な収容所を見ることができるのであるが、そこでありえないと思ったことは、ちょうどその敷地の目の前に大きな農地があり、人々が悠々と畑仕事をしているのである。シリアスなムードに浸っている時、私はそれを目にして、ここはそんなに重苦しくない場所だったのかと、ちょっぴり思ってしまった。

■ ヴィエリチカ - 世界遺産:ヴィエリチカ岩塩坑 ■
岩塩の洞窟
ヴィエリチカ岩塩坑は塩の結晶で生成されている人工の洞窟である。GuideTourと共に必ず回らなければいけない場所であるが待ち時間はそんなに長くない。結果から言うと期待していたよりは感動しなかった。理由としてTourの終わる頂上に戻ってくるまでの時間が1時間半と非常に長いのと、GuideBookに載っていた写真を見るかぎり赤黄色に輝くクリスタルルームに見えたのであるが、実際は少しMarbleかかった普通の石の色であった。岩塩を彫刻した様々なOjectsを見ることができるが、残念ながら以前の旅行でイタリアの彫刻群を見てきた私にとってArt的にはいまいちだった。写真右はTourの後半で見ることができる一番きれいな部屋なので楽しみに待とう。Krakowから30分という場所的にそう遠くはないので、行って見る価値はあるだろう。地下には約500段ある階段を下りて行き、帰りの洞窟から地上へと上がるLiftはかなり面白い。後でわかったことだが、両方の場所に行くためのプラットホームは異なるが同じ列車でOSWIECIM-Krakow-WIELICZKAと走っていたのである。最後にTourGuideの人たちはかっこいい服装をしているのでチャンスがあれば一緒に写真を撮ろう。